アルマジロナイフのラコタDays

カテゴリ:アルマジロナイフの日々( 9 )




~ 夢をみさせてくれた人 ~

鶴(母) 語録

ドラマひよっこを観ながら。
東京ってこんなにええ人ばっかりじゃなかろう?これテレビじゃからじゃろう?

俺:
暇になるけ絵でも描いたらどうね?

金かかる。

絵に金かからんじゃろ?

かかる。キャンバスやらイーゼルやら。

老人よ、なぜいきなりイーゼル欲しがるのか。

駅伝を観ながら、
なんでそんなに時計を気にするかね?他のこと考えんと走らんにゃぁ。用事でもあるんじゃろうか?

俺の顔を見つめ、
あんた、よう飲むし、よう喰らう。そして邪魔。

父が逝って四日目に、もう一日居るよと言うと、
あんたね、
お願いじゃから帰ってくれ。

父が逝って六日後に、電話で
そろそろ日が経って寂しくならんか?との問いに
うん、それがね、とあらたまり
曰く、
なにかね、大きな、大きなものを無くしたような気がする。

父の遺影に向かいこちらが退く程悪態をついたので思わず振り返ると、泣いていた。

私が入院する日に見舞い行って、お父さん入院してくるからね、頑張るんよ、言うたらね、お前もがんばれようー言うて笑顔で手を振りおうてね、それが最期になった。と泣く。

お父さんに、私の手術が無事おわったよって伝えてもろうたら、そうかあ!そりゃ、良かった。と手を叩いて喜んだんて。あの昭和の男がね。と泣く。

あんたの婆ちゃんがね、お父さんと一緒になるの反対しよったんじゃけどね、
ふぅん、なんでやめんやったの?
えへへ、そりゃ、あんた、へへ、もうすでに身を委ねちょったからの。ふふ。

年金の計算をする母、
俺が、なんかしようかあ?と問うと、
いらん。
子供に迷惑かけん。
暫く一人暮らししてみたいから、そのあと老人ホームに入る。

そんな言わんでもええわ。と俺が言うと、

ちょっと顔を赤らめ、照れ笑いを浮かべ、
あのね、二年に1回更新料で三万円払わないとならんの。それをこの先、年老いて自分で払えんなったら、
その時は、はろうてくれるかね?
それだけでええけ。

七十九歳のすでに年老いている母がそう言う。

俺に二度目のお願い事をした。

一度目は、あんた後生じゃけ、真面目にやってください。だった。



[PR]



by Armadillo-knife | 2017-09-30 19:43 | アルマジロナイフの日々 | Comments(0)

~ 輸入時の仕事 ~

海外からの動物の部位の輸入については様々な規制があるのでそれにそった書類を揃えての輸入をしています。
ワシントン条約に分類される動物についてもⅡ種に分類される動物についてはサイテスがあれば輸入可能ですので毎回サイテスをとります。
その他サイテスの必要のない動物についても
輸出入時に必要な書類と云うものが発生しますので管轄の省や税関に連絡をとり教えて頂きます。
(おおまかに流れを書いただけなので参考になさるかたは御自身でお調べください。)

仕入、かなり大変だしアメリカの尊敬するマウンテンマンもそろそろ引退だし、そうなると僕も動物の部位を使うのは徐々に減らしていくことになるだろうな。 
それもまた時の流れかな、と考える今日この頃です。
d0144100_10020762.jpg

[PR]



by Armadillo-knife | 2017-09-26 10:09 | アルマジロナイフの日々 | Comments(0)

ホームページアドレスが変わります。

アルマジロナイフのホームページアドレスが本日付で変わります。
昨日までのドメインでご覧頂いたお客様、本日アクセスできない状態になっており
大変ご迷惑おかけしております。

新しいアドレスは armajilloknife.jimdo.com です。
他に、http://armadilloknife.wixsite.com/indexでもご覧いただけます。

移行日前日の、昨日お問い合わせをいただいたお客様、移行日と重なり、大変ご迷惑を
おかけしました。
お手数をおかけしましたこと、重ね重ねお詫び申し上げます。

今度ともどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]



by Armadillo-knife | 2017-02-15 16:32 | アルマジロナイフの日々 | Comments(0)

~都会の歩き方~

マライカ青山店さんに、御挨拶をと思い、所用も兼ねて、大都会、青山。
渋谷から歩いたのですが、都会すぎて歩きにくい。
よろよろ。
迷い、そして緊張感漂い、
都会に、もうちょっと馴染めない。

道を尋ねた人が優しくて嬉しかった。

ほんとは帰り、新宿で行きたいモツヤキがあったのですが歩くスピードについていけず、新宿で出口に向かう流れから、おっとっと!と外れてしまい思わず目の前にあった黄色い電車に乗ってしまいました。
ああ、なんとか中野までつけばリラックスして歩けるぞ。知っているんだ、俺は。中野。
しかし、中野ではまだまだ気を抜けない気がしたので、なんとか西荻までたどり着いた。西荻までいけば故郷山口県に近いぞ!
西荻。良いなあ。良いぞ。なにより人が少ない。
そして、フラフラと歩いていると珍味亭なる暖簾が。
素晴らしい。俺の為にあるような暖簾。

リラックスして一人飲み。
豚足半分と頭肉をアテに紹興酒。
あああ、ホッと一息。
お店の人もとても良い感じ。
ジュウジュウのビーフンが、うんっまぁぁぁいっ!すげえ旨いっ!
たまらんですたい。

一人で今日を振り返る。
ケビンの隣に俺のジュエリーが並んでいた。嬉しいな。
オグラララコタのあの!ケビンポーリアーだ。
ケビンにも見せてあげたい。
お店の方も気さくにお話ししてくださり、ヤジーさんの作品や伝説のジュエリーを見せて頂くことが出来ました。
勉強になりました。
凄い作家さんはいっぱいいるな。
よしっ!俺も頑張ろうっと!
じゃあ、もう一軒!

d0144100_1425781.jpg


d0144100_1434772.jpg

[PR]



by Armadillo-knife | 2016-11-27 14:04 | アルマジロナイフの日々 | Comments(0)

~お正月のタイムマシン~

(お正月に書いていたものです。)

お正月は待ちに待った休日だったが三時間で飽きた。
単なる趣味でスタジオに入って普段出来ないナバホのオールドスタイルの解明をしてみた。

途中1880年代からやってきた駆け出しのジュエリーメーカーのトルティーヤに

「それ、ほんとに焼きなまってんの?」

という俺の芸歴20年以上のプライドをものともしない発言にイラッとしたが
そのおかげで秘密が一つ解明できた。

タイムマシンってのはホントにあって、だけど、
愛と勇気がないと動かせない。

その気になれるなら、あの偉大なナバホのスレンダーオブシルバーメーカーにも逢えるかもしれない。
[PR]



by Armadillo-knife | 2016-07-22 12:31 | アルマジロナイフの日々 | Comments(0)

~誰かがベッドでゲロをはく~

モツヤキが好きなんですよ。
チレとかテッポウとか。

日々には、いろんな出逢いがあって、
あの時の出来事や
この時の空気や
その時のしたことなんかが、
俺を励ましたり、落ち込ませたり、淡々と続くのである。

在るとき、またしても、いたたまれない気持ちで、
途方にくれたが

大人は仕事を辞める訳にはいかない。

ぼんやり部屋にいるわけにはいかない。


しかし大丈夫です。
だいたいやね、
才能が溢れているのは知っていますから。

飲みすぎた夜や、悲しくもないのに涙がでる夜に、

胃も捩れて、
心も、しおれた誰かが、ベッドで吐いている。

もし、それがあなたを幸せにするなら、
どうしてそんなに悲しいのかな。
という曲が大好きである。

誰かがベッドで吐いている。

俺は何故か笑いながら
どうしてよいかわからず

笑っている。


そういえば、近所のにいちゃんが僕のジュエリーのことを

インディアンジュエリーじゃなくて

インディアン好きジュエリー!!
と言った。

素晴らしい!!
まったくその通りだ。

でもよ、肝心なのは
インディアンジュエリー好きジュエリーではなくて

インディアン好きジュエリー!

ってとこなんだ。

そこが重要なんです。

わかる?

俺は隣の空き缶を掃除するんだ。

土曜の夜はセントラルに映画に行こう。

JBはスクリーンから俺を指差し、やるんだっ!ってシャウトする。

めちゃめちゃ愛想の悪い大将はオーダーしたら舌打ちしやがった。
でも、信じられない位、うまいっ!
どうすりゃいいんだ。
[PR]



by Armadillo-knife | 2016-03-24 03:05 | アルマジロナイフの日々 | Comments(0)

~ 美しい ~

中学生の頃、担任が美術の先生だった。

空手の名手で拳が潰れていたような武闘派だったが、そんな素振りはおくびにも出さずに
年季の入った芸術な雰囲気をまとって淡々と廊下を歩いていた。

やらなければならないことをやって手に入れた地に足のついたイカした風貌だった。

その先生がたまに言っていたのが「美しい」「美しくない」

掃除の時間に机の並びが曲がっていて「美しくない。」は解る。
だけど、ホームルームで
生徒がやるべきことをやらなかったことや
何かを級長だけにやらせたなどの話題で注意するときも
「美しくない」
なんて言っていた。

子供だからあまり解らなかったけど、
こういう仕事をする大人になった今、凄く良い言葉だな。なんて思う。

ミタクエオヤシンもホッジョーも調和も
そう言うことだろうな。
[PR]



by Armadillo-knife | 2016-02-17 06:39 | アルマジロナイフの日々 | Comments(0)

サンダーバードと丘の上の木

トラは川の側の森でゆっくり待ち人を待っている。
スタジオにはサンダーバードの気配がしていて、素晴らしい時間を過ごしている。


「もちもちの木」という物語を読んだ。
これは、もうハンブレチャ(ラコタの儀式)じゃんか!
凄い!日本にもこんな物語があったんだな。

久々に牛丼食べたら、なんでこんなに旨いんだろうってくらいおいしかった。

そろそろ冬が来るなー。
[PR]



by Armadillo-knife | 2015-11-20 03:39 | アルマジロナイフの日々 | Comments(0)

~川がながれる森~

やっています。
ただひたすら果てしない工程を、地道に歩んでいます。
トラと、サンダーバードのストーリーバングルをそれぞれ製作中です。

インレイが1日に1ピースしか入らない夜もありますが、
更に、
表情のあるものだし、工程がやたら多いため最初からやり直しってこともあり最後まで気は抜けませんが、

トラは森のなかで動き出すことを、
サンダーバードは天空を駆け巡ることを
待っているような気がするのです。

だから、がんばります。
夜中にスタジオで袋ラーメン煮込んでがんばります。

この製作に入る前にスモーキータウンでモツ焼き食べた。楽しかったなあ。
[PR]



by Armadillo-knife | 2015-10-23 02:23 | アルマジロナイフの日々 | Comments(2)

ラコタ族(スー族)インディアン三昧な日々とジュエリー制作記
by Armadillo-knife
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

外部リンク

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル