アルマジロナイフのラコタDays

<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧




~海のにおい~

鯨のベリーン(ヒゲ板)を使ったネックレス。

ひとつひとつのパーツが盛り上がった感じにカットしたものをインレイしています。

黒はべリーン、赤は海のさんご、青は、海の色を表すラピス、白はマンモスのアイボリー。
マンモスのアイボリーは沿岸でとれることが多く、もしかしてマンモスの牙の上を、鯨が悠悠と泳いでいくこともあるのかな、と使いました。
全体の形は、鯨のヒレを表現しています。

d0144100_18103123.jpg

[PR]



by armadillo-knife | 2008-03-28 18:12 | Comments(1)

~タシナちゃんの初恋~

タシナってゆー、ばぁさんと知り合いなんだけど、この人がまためちゃめちゃ可愛い人なんだ。いかにも、品のある、トラディショナルな、昔ながらの、ラコタの雰囲気を持っててさ、控え目で、でも、話し好きで、とってもキュートなのさ。

今回も、ちょっとよって、サイダー貰って、のみながら笑わせてた。
すると、タシナちゃんが、「私が14才の頃ね、」と話し始めた。60年代の話。「少し年上の男の子から、ガールフレンドになってくれない?って言われたの。まだガールフレンドになる事の意味が、よくわからなくて、聞いたの。どうするの?って。
すると、男の子は、私の手をとって「こうやって、二人で歩くんだよ。」といったの。
二人で手をつないだ。ただそれだけなの。他には何もなかった。手を繋いであるいただけ。それだけ。でもね、何日か、余所に出掛けて帰ってきたら、その子が、別の女の子と歩いてた。悲しかったなぁ。」
「ソレでね、この前のパウワウの時、彼が目の前にたってた。もう、びっくりしたわよ。私は、すぐに気が付いた。でもね、彼は、全然気付かなかった。そりゃ、覚えてないわよね。」
僕は、声掛けてみなかったの?って聞いてみた。するとタシナちゃんは、「No、No、No」と、顔を真っ赤にして、手を左右にブンブンふりながら、後退りして、壁にペタッと背中を貼り付けた。

・・なんて、可愛い、ばぁさんなんだろう。
[PR]



by Armadillo-knife | 2008-03-25 00:27 | Comments(1)

~温度差~

最近、一部ラコタの人達による独立宣言についての質問や話を、よく聞きます。
わりと肯定的な意見も多いと思いますが、さてどうなんでしょうか。
日本人の僕達にとっては、海の向こうの、直接は関係ない話ですが、ラコタの人達にとっては、自分達のことです。
その二者にはかなりの温度差があるように感じます。
このニュースにロマンチックなものを、感じる気持ちも分からなくはないが、現実ラコタの人たちにとっては、自分達の身に降りかかることなので、しっかりと、自分達の事として受け止めなければいけません。(あくまでも、今回の旅やラコタの人達に電話した時に話し聞いた僕の印象です。が、ただその印象がそれ程、的外れではないというのは事実だと思う。)

そのグループに賛同する人達は、少数です。
ミィーティングをしても、ほとんど人が来なかった、とききます。ナイストライだとは、認めているが、ついていく人は、かなり少ない、というのが、実情です。
それは、人々が、無関心でも、骨抜きにされているからでもなくちゃんと考えた上で、そのグループには賛同出来ないという事を決めているからでしょう。
考えてもみてください。今回の件は、たとえば突然、隣りのおじさんが、「国から独立する!」といいだしたようなものですよ。
そして、その名前に、自分達の部族名がそのままついているとしたら!
朝、コーヒー片手に新聞、広げたら、そのおじさんが独立宣言しちゃってる。僕なら「わはは!ちょーウケる!カッコいい」と思っちゃいますけどね。支持する、しない、は、別にして。だけど、その後が、いかんだろ。
自分達についてこない人を、否定する。そりゃ、ダメだわ。
その「グループの考えを支持しない」っていう正直な自分の意見を出したら、非難されたなんて、話にならん。僕は、いやだけどなぁ。
「私はこのグループの考えは、支持できません」という意見が、だいたい僕が感じる周りの反応だった。
それのどこに、否定される理由があるんかなぁ。
もし、「毎日生活があるから、そんなのに付き合っとられん。」という意見があったとしても、「興味ない」という意見があったとしても、正反対の意見があったとしても、それが正直な 市民の声だ。
それは、無関心でも骨抜きでもなく、ラコタに生きる人々の発する声だ。
その声の真意を感じることができなければ、誰も話、聞かないと思う。

もしこのグループが本気ならば、いま必要なのは、記者会見などの派手なことばかりでなく、無関心、どっちつかず、と否定することでなく、その人達に地道に話しを聞いてもらう事だと思うんだけどな。海の向こうの人達からだけ、関心もたれても、どうなんかなぁ?
[PR]



by Armadillo-knife | 2008-03-23 14:20 | Comments(1)

月とコヨーテとブラックヒルズ

d0144100_18575645.jpg

このペンダントは、6層になってる。

飛び出す絵本のように仕上げたかったんだ。

ラコタの聖地ブラックヒルズに迷い込んだコヨーテなのさ。
d0144100_1859350.jpg

[PR]



by armadillo-knife | 2008-03-21 18:59 | Comments(2)

~マグカップ~

d0144100_4365353.jpg

朝、ジムの家に行って、コーヒーを飲みながら、またもや、うだうだとアートの話やなんかを話していた。
朝は、なんか良いんだよな。
キッチンや、もう少し気候が良くなったら、ポーチにでて、コーヒーのみながら、朝、ラコタの空気の中で話する時間は新鮮な時間だ。
夕方のコーヒータイムも、とても良いんだけどまた、ちょびっと、ちがう。 チョビット・ニー・ヒューストン。

そんで、ジムは、豆から、ひくんだ。とても濃くてさ。さすが、こだわり派。
彼は、いちいちおしゃれでさ。自分の空間を、飾ってる。
こっちまで、楽しくなるんだよね。
そんで、カップを出してたら、ローカルな、ラコタのカップが、たくさんあんの。
「こーゆーの売りたいんだ。何処で買えるかな?」っていったら「おー、持ってけ、持ってけ。こっちも、持ってけ」いや、そうじゃなくて・・これ、使い古しだし・・こっちは、まだコーヒーはいってるし・・「まて、いまのみあげるから」・・いや、そうじゃなくて・・「どーして、お前は、ラコタ柄が好きかな?わはは!」・・だから、そーではなくて・・「これでコーヒー飲んでみろ!毎朝、楽しいぞ!わはは!」・・そう思う?・・「そうだともさ!」ありがとー、ジム。
「忘れるな。もう鞄にしまっとけ!」・・わかった・・とゆーわけで家と仕事場で使わせて貰ってます。・・楽しいよ、ジム。
[PR]



by Armadillo-knife | 2008-03-17 04:36 | Comments(1)

~時差ぼけ~

僕は、時差ぼけがひどくて、つらい。ちょっと、軽く、微熱が何時間置きに出る位なんだよね。疲れるはてて、寝ても変な時間に起きちゃうし。一日ゆるりと休みたい。
[PR]



by Armadillo-knife | 2008-03-16 06:30 | Comments(1)

~タタンカ~

d0144100_21124440.jpg

ジョンゴーズインセンターさんの家に泊めて貰いました。
夕飯にタタンカ(バッファロー)の肉の塊とレバーを買い込み僕が調理した。といっても焼くだけ、入れるだけ。まずは解凍です。
その間にニンニクをきります。普段はあまりやらないので非常に手際がわるい。
そして、解凍した肉につめて、それから入れるだけでローストバッファローになってしまう入れ物に入れて数時間まって出来上がり。

もう一品は、待ってました!レバーです!
まずは解凍です。そして、生でつまんじゃいます。
普通は、生は無理であろう。でも、こっちは、生肉好き、ホルモン好きです。
なまっちょろいことはいいません。少々お腹いたくなってもいいんです。いっちゃいます。
う、うまい!そして、臭い!野生の肉は、肉臭いのだ!これぞ、山肉ならぬ、平原肉です!一切れが二切れ、三切れになります。が、これが適量となったところで調理に戻ります。
普通の食事はやはり僕も現代人、匂いを取りたいのでしばらくタッパにニンニクといれて置きます。そして、焼く!それだけです。
醤油とワサビをまぜて、ジャパニーズソースの出来上がり。ジョンは、「このジャパニーズソース、いいなぁ」なんていってた。

さて食卓です。
うまい、ローストバッファローは、癖もなくニンニクで匂いもとれ、普通に誰でも美味しく食べれるのではないだろうか?
レバーは、すこし匂いが残ったが、これは、僕の調理の仕方が大雑把だったからである。
たがしかし、それでも、美味しかったぞ!デリシャ~ス!ジョンも「グッド!」と美味しそうに食べてたぞ!
タタンカは、偉大だ!
ただ、一つ心のこりなのが、ロースト用のポットの中にたまった肉汁。 あれ、ご飯にかけて食べたら、きっと、うなっちゃう位、美味しいんだろーな。
[PR]



by Armadillo-knife | 2008-03-10 21:12 | Comments(1)

~帰ってまいりました~

よい旅でした。仕事もよい成果がありました。またもや様々な話を聞くことも出来ました。2008年の生の声です。アートについて、それから現状について。沢山話してまいりましたぞ。すこしずつ書いていきます。
[PR]



by Armadillo-knife | 2008-03-10 07:16 | Comments(1)

ラコタ族(スー族)インディアン三昧な日々とジュエリー制作記
by Armadillo-knife
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

スプーンとは❗️ アイ..
by 鹿〜H at 23:08
鹿~のH様、ありがとうご..
by Armadillo-knife at 20:27
てんとう虫のリング❗️細..
by 鹿〜H at 13:47
明けましておめでとうござ..
by Armadillo-knife at 11:23
1月も、半分も過ぎてしま..
by 鹿〜H at 13:56
鹿~H様        ..
by Armadillo-knife at 07:14
M様、本日帰京いたしまし..
by Armadillo-knife at 19:51
3日にお邪魔させていただ..
by M at 15:04
最高のウィヤカ❗️ あ..
by 鹿〜H at 23:26
鹿児島のHさん。コメント..
by Armadillo-knife at 00:54

外部リンク

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧