アルマジロナイフのラコタDays

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧




〜霧の港町〜

年末も押し詰まった今日この頃。皆さん、年末休暇でいらっしゃいますか?ゆっくり疲れを癒してくださいな。

ところで、先日、横浜はロルマカッティさんにお邪魔してきました。


こちらのフェッテシュコレクションは素晴らしい!!欲しくなる物が沢山あります。見たことのないようなものもありいつもケースにへばり付いてみてるんです。

昔、ケースにへばり付いてトランペットみてる黒人の少年のCMがありましたが、まさにそれ状態。フェッテシュ、サイコー!!

他にも、リザベーションでひとつひとつ集めてこられたジュエリーや、鉱物コレクションなどもあるんです。
興味のあるかたは是非遊びにいかれてみてはいかがですかな?


んで、仕事のあとに、一杯、参ったのであった。‥紹興酒。‥うんま〜い!!美味かったよお。

そしてほろ酔いで、霧の港町を後にしたのだった。
[PR]



by Armadillo-knife | 2009-12-31 15:30 | Comments(0)

〜これがイヌイットの版画!〜

d0144100_14101274.jpg


どう?良いでしょ?イグルー(雪の家)の風景です。設営したばかり?って感じですかな。イグルーの入り口から見えている足が気に入ったのです。これ、好きなんだ。

版画はね、日本の技術を参考にしてるんだぜ。

何となく嬉しい。

この作品は違うけれども中には和紙を使ってるのもあるんだ。

なんかね、思ったよりも版画に反響があってる。

少しだけどね。

まだわからないし、どっちにしろそんなに売れる物ではないと思うけど、なんか意外にインディアン・アートって言葉にインディアンって言葉が入ることの意味を皆それぞれの価値観で感じながら楽しんでるんだなぁ、なんて嬉しくなっちゃいました。

それぞれ毎日はありますが素晴らしいインディアンアートを見たときの「うわぁ、凄い!」って思える気持ちを大切に頑張っていこー!
[PR]



by Armadillo-knife | 2009-12-27 14:07 | Comments(0)

〜カナダ・イヌイット・ユーコン川流域インディアン〜

余りに素晴らしかったので買い付けたいものがたくさんあったがイヌイットアートに関しては広く沢山の人が気軽に楽しめる風合いを持つ物も実は沢山あるのでそのせんで紹介していくことにしよう。
イヌイットのフェッティッシュ・スカラプチャーを中心にね。

きっとポピュラーになるはずだ。

値段だって手頃なものからある。
面白いんですよ。

だが中にはこんなの絶対俺しか欲しがらんだろうな。なんて物もある。
イヌイットの本物の釣りの仕掛や雪の中で使うサングラス。

いつかイヌイットアートが日本でポピュラーになったらこんなのがポンとさりげなくディスプレイしてあるインディアンジュエリー店も出てくるんじゃないか?

その頃になると材質の価値だけではない、作品としての面白さだ!っていう市場も生まれるはずだ。だってそっちの方がインディアンアート、インディアンジュエリーって言葉の本質なんだから。

そうなってくるとインディアンアート、ジュエリーの世界はもっと面白くなるぞ!



〜イヌイットの様々な芸術〜
どれも良いものはさ、グワァーンと伸びやかで、イヌイットのアーティストが感じたままのそのままが表現されてる。作風と技術に裏打ちされてるんだけど、作風と技術で強引に持って行ってる訳ではなくまずそのアーティストの感性が見るものの心を鷲掴みするような自由な表現力。
とくに版画にはときめいてしまった。
んもう、面白いのなんのって。例えば買えなかったのだけど「初めての観光客」ってタイトルの版画なんかは観光客がイヌイットを写真に撮ってるとこをアーティストがかんじたままにとてもみずみずしく素直にダイナミックに描いていて素晴らしい!!!
のだけど版画が売れるか?っていうとそうではないだろうな。
値段的な物もあるだろうし。
そもそも日本人は余り画を飾る習慣がないものな。
でも少しずつでもやっていきたいな。
素晴らしいからね。



全般的にアートっていうのは思想も表現されてしまう物もあるし、ここまで見る必要はないって思う場合もあるしさ。特に売れなければならない、購買者の共感をえなければならない大衆芸術は特にね。アーティストにとっては表現でも購入者にとっては楽しみだからね。その辺難しい。かといってやっつけ仕事でアーティスト名だけで満足させてしまうのが凄いのか?っていう疑問もあるし。それとは別に、例えば料理でこだわるだけこだわってもまずいと仕方ないしなぁ。
バランスだよな。アートを楽しむバランスもったアートが解りやすいのだ。皆の心にグッときやすいんだもんな。解りやすいって重要だ。難解でくどいことばかりいわれても眠いだけだ。




ちょっと脱線したが、イヌイットアートはおもしれー!!

それらをみていると、にんげんにしか、かけない、つくれないよなあって、おもうんだ。
[PR]



by Armadillo-knife | 2009-12-19 07:16 | Comments(1)

〜イヌイットアートの世界〜改め““シミーズとアザラシ青年""

ラコタとは別にイヌイットアートの世界にとても興味があった。
何かに憧れるってことはとてもワクワク、ドキドキするものだ。
それで、そこを過ぎるともっと違う感覚になってくると思うんだけど、ただ憧れてるだけの距離感も心地よくてイヌイットの世界とはそんな風につきあっています。友達と何やらアザラシについて話したりしてさ。
という訳で、今回はカナダ!
今までも単発でやって以外と好評だったし間隔も開いたのでいってきました。


着いたそうそう寒い!さすが北国。とくに寒い日で、も〜う、たまらん。
サウスダコタ時代の北国用ヤッケを持って行っててよかった!
ちょっと忙しいのが続いてて、そのまま飛行機に乗ったので疲れが出た。
ダウンタウンでフードコートを見つけチキンを買って歩いていると、でっかい看板のシミーズ姿のモデルさんがやたら可愛くて思わず可愛い!!って声をあげてしまうくらい可愛いかったんだけど、寒さの中で「あぁ、どんなに可愛くてもこのモデルさんと親しげに会話することなんて一生ないんだな。」と思うと悲しくなって、しかも凄く寒くて鼻がたれてきた。

そんなことをしていると、先ほどのアザラシの話しをする青年と前に同じような話しをしていた時に、「んなことわからないじゃないですか!僕だって広末涼子ちゃんと結婚の可能性はあるんですよ!だってお互い独身なんですから!んなのわからないじゃないですか!知り合うかも知れないじゃないですか?」と言っていたのを思い出したのですが、

‥アザラシ青年よ。‥

残念ながら、知り合いません。

君が広末涼子ちゃんと結婚できる可能性はありません。
いくら独身であろうと同じ国に住んでいようとな。

がんばれ!アザラシ青年!

そんなことを考えていると僕はもう買い付けを終え帰りの空港で信じられない位美味しいトルティーヤを食べてた。終わり。

嘘。

これから版画やカービング!!もうイヌイットアートの素晴らしさにどんどん出会いました。イヌイットアーティストの感じ方なんかもちょこっとだけ教えて貰うこともできてとてもよかった。でも書くことに飽きてきたのでまた今度にします。
と書いたとこで読み返してみたら余りにもくだらない僕の文章。
シミーズとアザラシ青年の話しじゃん。
[PR]



by Armadillo-knife | 2009-12-17 02:46 | Comments(0)

〜いってきます〜

d0144100_15385992.jpg

やっとこさ昨日までの制作スケジュールをこなしバタバタと買い付けにいってきます。
クタクタです。
今回はちょっと面白いものをみてきますよ。
詳しくは帰って来てからですね。
がんばってきます。
[PR]



by Armadillo-knife | 2009-12-09 15:38 | Comments(1)

〜胸いっぱいのインディアンジュエリー〜

夜中に何度も失敗したりアイデアがとまって机のまえで頭を抱えこんだりしたが、絶対にカッコイイのが出来ると信じていたし、絶対に良いのが出来ることが分かっていた。

なぜならずっとインディアンジュエリーの神様が側にいたからで姿はみえないが感じていた。

ジョーからエアメールが届いたんだけど、ちょっとスグには見れなくてしばらくしてエアメールの封をあけたら中から「やー、へい、スグに開けろよ。腰が痛いぞ!」なんて言ってインディアンジュエリーの神様が現れた。僕はうれしくなった。

ジョーの手紙には力と励みと癒しと神様が入っていた。


みんな、いいかい、ちからとか癒しっていうのは誰もが納得出来る、はっきりした具体的な事だと僕は思うよ。

雲を掴む話しのような、納得出来るような出来ないような、よくわからない事なんか何処かへ捨ててしまえ。
それは結局どうでも良いことだよ。



んで、インディアンジュエリーの神様が「そのスタンプのリングの一つはインレイにして、一つはターコイズを横にすると良いのは気が付いたみたいだな。でも問題はクロウペンダントのテクスチャーじゃろ?針じゃ。針を使わんとオキサダイが上手くのらんぞ。へっへ〜」
なんて言ってた。
それとコーラを飲みながら狼のアイデアをくれたんだ。
クロウペンダントの完成まで付き合ってくれた。
「おれもひまなわけではないんだよ。ではな。」なあ〜んて帰っていった。
その間中、僕のジュエリー感度はサイコーだった。
[PR]



by Armadillo-knife | 2009-12-01 06:41 | Comments(2)

ラコタ族(スー族)インディアン三昧な日々とジュエリー制作記
by Armadillo-knife
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

スプーンとは❗️ アイ..
by 鹿〜H at 23:08
鹿~のH様、ありがとうご..
by Armadillo-knife at 20:27
てんとう虫のリング❗️細..
by 鹿〜H at 13:47
明けましておめでとうござ..
by Armadillo-knife at 11:23
1月も、半分も過ぎてしま..
by 鹿〜H at 13:56
鹿~H様        ..
by Armadillo-knife at 07:14
M様、本日帰京いたしまし..
by Armadillo-knife at 19:51
3日にお邪魔させていただ..
by M at 15:04
最高のウィヤカ❗️ あ..
by 鹿〜H at 23:26
鹿児島のHさん。コメント..
by Armadillo-knife at 00:54

外部リンク

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル