アルマジロナイフのラコタDays

<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧




〜窓からぼんやり外を眺めてパート2〜

ある日のSDの思い出から。

夕飯をたべて、しばらくするとジミーとポップコーンを食べながら映画か何かを見ながらくつろぐのが定番だった。

俺は机のとこの椅子にあぐらをかいて座りジミーはボロボロの、一体いつからあるんだ?っていうくらいのソファーに横になって夜をすごしてた時期があったんだ。

良い時間だった。ジミーがポップコーンの係で、チンして二つの皿に分けて持って来てくれるんだ。

俺はエクストラバターがお気に入りで、ジミーはポップコーン専用のふりかけチーズみたいのを「これ美味いな」なんていってた。

ジミーはその時期ポップコーンはいつも切らさず買い置きしてたんだ。

別段なにを喋る分けでもなく、たまに俺が英語やなんかの質問をするくらいで‥
でも俺は、この時間好きだった。
きっとジミーもそうだったんじゃないかな。

あっ、良く映画で良い場面になると「泣くなアルマジロ」なんてからかってた。

夜、窓を開けてると涼しげな風が気持ちよかった。

ある日、ジミーが出掛けるとき、俺はスイートグラスでジミーにスマッジ(清めること)をした。スマッジっていうのは、伝統的なことだから勿論考えた。俺なんかがしていいのかな?とか、なんかいわれるかな?とか考えた。

しかもラコタの伝統派にスマッジするわけだからさ。

ちょっと、いいのかな?なんて思った。

でも俺は、スマッジをしようと思ったんだ。

なぜなら僕はジミーを知っていたからだ。

「ジミー、ちょっと待って。」と言って呼びとめて、一生懸命、祈った。

とどけ、とどけ!と祈った。

ワカンタンカ(大いなる精霊)、どうかジミーを見守ってください。
お願いします。ジミーを見守ってください。

心からそう思ったんだ。

スイートグラスの煙りでジミーを包んだらワカンタンカがジミーを守ってくれそうな気がしたんだ。
振り返ったジミーは泣いていた。

そして出掛けてった。

心の中の破れそうに震える薄い膜の向こうはいつも孤独の雨がびゅんびゅんふりつけてたはずだ。

だけどよぉ、ジミーはいつでも、でっかい声で、わははははは!!と、笑ってるんだ。まるで能天気によ。


ジミーはたまに言ってた。


「たった、それだけだ。頑張れるだろ。」


‥すげえな‥。




(文中の祈りなどはチョー個人的な事です。「お互い頑張っていこー!」みたいなものです。いわゆる公に語っちゃうようなスピリチュアルな行為とは全然、違います。そこ、ポイントですので書いておきたいのです。)



しばらくして、ちゃんとジミーは帰ってきた。


また、「ヨオッ!」なんてあのカッコイイ笑顔でこっちを見るんだ。

(本当にヨオッって言うんだよな)


〜こうやって、僕はインディアンジュエリーの作り方を感じてたんだ。〜
[PR]



by Armadillo-knife | 2011-12-30 15:41 | Comments(0)

〜メリークリスマス〜

いやぁ、働いてますよ。
もうクタクタです。
食べることさえ忘れてます。
ハタと気づいて買い物にでると、鶏が半羽で売ってたので買って食べたのですがもう貪るようにたべました。
相当疲れてたんでしょうな。
一気食いでした。5分位で完食。
でも町は皆頑張ってました。
女の子の店員さんはサンタ衣装をきて販売しお父さんもサンタ帽子を被って商品を並べてました。

スーパーのチキンを下げて「よし、がんばるぞっ」とスタジオに帰ったのでした。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



町の人々の冬の装いがオシャレでよいですな。こっちまでなんだか楽しい気分になります。
ジャケットにシルバーのピンなんていかしてます。
そういえば、横浜のロルマカッティさんにカッコイイ、バッファローとメディスンホィールのピンがあります。
あれ、良かった!!
作者誰だったかなぁ。


あっ、俺だった。
よろしくお願いします。
[PR]



by Armadillo-knife | 2011-12-24 18:17 | Comments(0)

~渓谷のコヨーテ2~

d0144100_17224365.jpg
d0144100_1719532.jpg
八枚重ねで表現してあります。                                                奥行きがしっかりでています。                                                 背景も考えられていて立体感が出て、奥行きが迫力をだしていますね。                       ベイルもカッコイイ!!                                                                                                                          でも、重要なのは、沢山の平原で見上げた春、夏、秋、冬の夜空からこのストーリーが溢れ出した事です。                                                                                                                                         目を閉じればこのストーリーに包まれそうでしょ。                                                                                                                                         
[PR]



by armadillo-knife | 2011-12-16 17:23 | Comments(0)

〜刺激的なアートとドキドキするような話し〜

美術そのニ
美術の先生にお話を伺う機会があって、アートの歴史でとても刺激的な一瞬のヒトコマを話して頂いた。

まるでカッコイイ、ロックの伝説を聞いているようだった。

画家ミロのお話しなんです。

その先生が年代の順番に見せてくれんの。

その中に「農場」ってのがあって一目で凄いとおもった。

インディアンアートだっ!っておもった。

まさに、プリミティブアートで、もうすんごい。

この頃、ミロは食えないの。んで、ヘミングウェイ!!って友達がいて、目茶苦茶この絵を気に入ったんだって。

ヘミングウェイは、もうこの絵が欲しくてしょうがない。

しかし、後の偉大な小説家も、この頃はまだ食べれない。

しかし、なんとかお金を作り青年ヘミングウェイはこの絵を買うことが出来た!!

って話しなんだけど、聞いてるあいだ夢中できいてた。

美術の先生がストーリーテラーだから話しも、臨場感があって、グッーと入ってくるんだ。

アートの歴史の路上に立って、まるでミロとヘミングウェイのやり取りを見ているような気分になった。

俺はミロなんて知らなかったけど、この「農場」という絵を、知ることが出来て良かった、と思った。


この二回(美術その一、ニ)の出来事は凄く充実した美術の授業を受けたような気分になった。
学生の頃、授業なんてまるっきり聞いてなかったけど、もっと授業を聞いとけば良かった。
[PR]



by Armadillo-knife | 2011-12-13 18:44 | Comments(0)

〜美術の感覚〜

美術その一
美術の先生にお会いする機会があって、お話しを聞きました。

デッサンの書き方について教えて貰ったんだけど、話を聞くと、どうも目に写る物の見え方が普通と違う。

もう、凄いんだ。

例えば瓶にオレンジジュースと描いてあるとする。
瓶に描いてあるわけだからその字は曲線に張り付いてる訳だよね。

でも俺なんかは字として認識するから平面に真っすぐなオレンジジュースという文字として字が頭に入って来る訳だ。

でも、その先生は絵として認識するから目にはオレンジジュースという文字が円形の瓶に巻き付いた、見たまま、そのままの立体的なデザインとして無意識に意識に入って来ているみたいなんだ。

そして、それを、そのまま画けば良いからみたままを描くのは簡単らしい。

もう、これが絵かきの目かっ!とびっくりしました。

そして、僕にも出来るデッサンの描き方をわかりやすく説明して頂きました。

教えかたが的を得ていてわかりやすいんだよね。

練習の仕方を習うことが出来て、それだけで、もう今日はラッキー!

よい授業を受けた気分だ。

学校の授業は、その気になってから受けたら、すんごい刺激的で面白いのだろうな。

残念ながら学生時代の僕は授業を受けるには意識が子供過ぎて、授業の面白さに気付くことが出来なかった。
まあ、学生時代なんてそんなものかね。

凄く良い時間でした。
ありがとうございます。

この話題、続く。
[PR]



by Armadillo-knife | 2011-12-13 13:32 | Comments(0)

〜メリークリスマス〜

d0144100_2221275.jpg

貰っちゃった!
ありがとうございます。
うしし。
忙しいクリスマス年末年始進行。
まだまだ序盤。
年末まで一目散に突っ走れ!
頑張っていこー!
[PR]



by Armadillo-knife | 2011-12-10 02:22 | Comments(0)

〜アンソニーがまっている〜

はやく帰ろう。アンソニーが子供達と部屋でまっているはずだ。
かわいい笑顔で迎えてくれるんだろ。
ゴムのワニを買って帰ろう。
絶対、今日帰るんだ。

サウスダコタでの出来事から。

…………………………
傍観者は楽だ、
精一杯やった人はこれでもかと言うほど後悔する。
その泣き顔を見たことがあるのでカッコイイ妄想をいうのはくだらない、としかおもわないんだ。
[PR]



by Armadillo-knife | 2011-12-05 03:05 | Comments(0)

〜わはは〜

在日ファンクって歌手がウケるっ!!
サイコーです。
カッコイイ!
イャァウオッ!
わははははははは。
ハマケン〜!
キャブキャロウェイみたいだ。
カッコイイ!
[PR]



by Armadillo-knife | 2011-12-03 03:51 | Comments(0)

ラコタ族(スー族)インディアン三昧な日々とジュエリー制作記
by Armadillo-knife
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

スプーンとは❗️ アイ..
by 鹿〜H at 23:08
鹿~のH様、ありがとうご..
by Armadillo-knife at 20:27
てんとう虫のリング❗️細..
by 鹿〜H at 13:47
明けましておめでとうござ..
by Armadillo-knife at 11:23
1月も、半分も過ぎてしま..
by 鹿〜H at 13:56
鹿~H様        ..
by Armadillo-knife at 07:14
M様、本日帰京いたしまし..
by Armadillo-knife at 19:51
3日にお邪魔させていただ..
by M at 15:04
最高のウィヤカ❗️ あ..
by 鹿〜H at 23:26
鹿児島のHさん。コメント..
by Armadillo-knife at 00:54

外部リンク

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧